らうらうじGALLERY

Antique / Furniture / Tableware

Antique

美しい意思をもった、土。

遥か数千年という時を端然として佇む姿。慣れない作り手のたどたどしさが微笑んでいるような作品。長い年月を重ねて滲み出る景色。古墳時代から人は土の器と暮らしてきました。祭祀に使われたもの、日常に使われたもの。その造形に込められた静かな眼差しのような気配は、古代の人たちが何を想い何を願ったのかを見せてくれるような体験でもあります。用の美という言葉を超えて、その時代に美しく存在しようとした器。

当ギャラリーでは紀元100年頃弥生時代から、600年頃奈良時代の器などご紹介しています。歴史的資料として美術館で見るのではなく、花を飾る、アートのひとつとして構成するなど人生に寄り添うアイテムにふさわしい品格と眺めの良い作品を集めています。美しい意志を持った土器をぜひご覧ください。


Furniture

時代に左右されない、形。

フランスを中心としたヨーロッパのアンティーク、ヴィンテージの家具や小物を取り扱っています。ミッドセンチュリー モダンの旗手ともいえる建築家やアーチストの自由で斬新な空気感をまとったシンプルで合理的なデザイン。それは時代や文化的背景を超えて、人々の心を魅了しています。現代のインテリアの中で馴染み、心地いい存在感を醸し出します。真似のできない素数のようなフォルムをお愉しみください。


Tableware

幸せをつづる、美。

美とは何か?それは優しいものだけではないはずです。ただ生活工芸と呼ばれる分野においては、その答えが異なるかもしれません。人のそばで暮らしに寄り添う、美。そばにあるだけで笑顔を誘う、お茶を入れるだけ、お料理を盛り付けるだけで相手への愛情と敬意を感じる、そんな美意識を表現しています。当ギャラリーでは、新進作家の作品から伝統工芸の技を現代の器に取り入れたものまで取り揃えております。あなたのそばに置いていただきたい作品です。